We have changed our domain to: caj.ac.jp
Please change all your bookmarks or links to reflect our domain change.
Click here to visit this page at the new domain.
CHRISTIAN ACADEMY IN JAPAN
Christian
Academy
in Japan
Admissions Frequently Asked Questions
Jump to:
入学に関するよくあるご質問と答え
学校の目的は何ですか?
クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンは宣教師の子供たちのために設立された学校で、キリストのために日本と世界に仕える生徒を育成する努力をしています。私たちは聖書を通した世界観を教え、アメリカ式のプログラムを英語で教えています。お子様のためにこのような教育を望まれている宣教師でないご家庭も私たちはお迎えしたいと思っています。
学年は何学年ありますか?学校の始まりはいつですか?
学年は何学年ありますか?学校の始まりはいつですか?
入学に必要な条件はありますか?
はい、必要条件のページに記されています。必要条件の一つは語学です。入学するためには、9年生から12年生の入学希望者は該当学年相当の英語の実力が必要で、6年生から8年生の入学希望者は該当学年の英語の実力に対して遅れが1学年以内であること、そして、キンダーガーテンから5年生までの入学希望者は該当学年の英語の実力に対して遅れが2学年以内であることが必要です。また、少なくとも保護者の一人が、お子さんと宿題のことで話し合ったり、学校からのお知らせを読んだり、先生との話し合いができるのに十分な英語力を身につけておられることをお願いしています。
さらに詳しいことを知りたいのですが?
CAJのホームページの入学に関しての欄を全てご覧下さい。その他CAJ全般に関しての詳しい情報はABOUTの欄をお読みください。さらにご質問がある場合は、admissions@caj.ac.jp.宛にメールをお送りください。
CAJから遠距離に住んでいる場合、面接はどのようにして行われますか?
CAJから遠距離にお住まいの場合は、スカイプ(またはその他の方法)によって面接を行います。
外国語としての英語(EAL、以前はESLと表記)のサポートに関してのよくあるご質問と答え
CAJでのEALのサポートとは何ですか?
EALサポートとは、英語の実力が、学年相応ではないと判断される生徒たちへの英語のサポートです。EALサポートをすることで、英語の実力が足りない生徒たちが他の生徒たちとともに学びながら英語の力を身につけていく手助けができます。
EALサポートが必要な生徒だという判断はどのようにするのですか?
新入生も在校生も学力テストで英語力が学年相応ではないと判断された場合に、EALサポートを受けることになります。
EALサポートはどのように受けるのですか?
EALサポートは生徒の学年のクラスルーム内で専門の先生と助手の先生によって行われます。また別のEALの授業もあります。
EALサポートは何年間必要でしょうか?
EALサポートは生徒が必要な限り続きます。現在、EALサポートはキンダーガーテンから11年生まであります。年間を通して、それぞれの科目での評価と正式な評価によって、生徒の英語の実力とEALサポートが必要かどうかを決定します。
EALサポートが必要な期間は、一般的にはどれくらいですか?
生徒一人一人によって、また様々な要素によってかなり違ってきます。例えば学校で英語で勉強を始めた年齢、学校の教室以外でどれほど英語を使う機会があるかなどの要因です。生徒の肯定的な態度、本人のやる気、努力、学校の外で社会的にも学業的にも英語をどれほど使っているかによって上達するかが決まってきます。
夏休みの間、どのように英語を勉強すればよいですか?
学ぶことは1年を通して行われることです。長い夏休みを利用して、英語圏の国に短期留学をするご家庭もあります。EALサポートを受けている生徒は、夏休み中に最低でも30時間英語を勉強するという課題が出されます。CAJで6月の終わりに行われるEALサマーキャンプは、この課題をこなすための一つの手段となります。他のインターナショナルスクールや語学学校のサマーコースに参加するのもいいでしょう。また、サマーリーディングプログラムといのがありますが、これは全学年の生徒全員が参加するもので、大切な読書の週間を維持するためのものでもあります。
子供が英語の実力を順調につけていくために親として何ができますか?
英語をいつも聞き、読み、話す機会を作ってあげてください。語学を学ぶものはどのレベルでも、正しい言葉のお手本にふれることが必要です。また上達するために英語を使う必要があります。親として出来ることを幾つかあげると:
辛抱強く励ます。外国語をマスターすることは時間と努力が必要です。
以下のようにお子様を励ましてください: 英語を言葉として実際に使う機会を作ってあげてください。 また、どの言語でもよいので、自分の考えを言葉にする機会をお子様に与えてあげてください。コミュニケーションをとる力が英語の実力にも反映されてきます。
私たち家族は複数の言語を話すことを大切にしています。自分たちの母国語をネイティブレベルでキープしながら、英語やその他の言語をどのように学べばよいでしょうか?
社会的にも学業的にも、生徒が英語に浸れば浸るほど、英語の実力はアップし、CAJでの学業面でも良い成果を期待できるでしょう。家やコミュニティでは母国語を使い続けると決めているご家族も多くいらっしゃいます。自分の母国語のしっかりした土台があれば、英語力をつけて行く助けにもなります。ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとる機会が多くある環境で、よい言語のお手本に多く触れることは、どの言語を学ぶ上でも大切なことです。全ての言語が同じペースで上達して行くわけではありません。辛抱強くすることが大切です。
EALサポートは別途費用がかかりますか?
EALサポートが必要な生徒は、入学時に一度だけ費用が発生します。
ホームスクールからCAJに編入することに関するよくあるご質問と答え
ホームスクールをしていたのですが、どのような書類を提出すればいいですか?
ホームスクールの方法によって必要な書類が違います。
子供が日本の学校に通っていて、英語での勉強は自宅だけで行っていた場合は何の書類を提出すれば良いですか?
今の学年とその前の学年から4つの提出するものがあります。
  1. 今の学年とその前の学年から4つの提出するものがあります。
  2. 自宅での英語での学習のポートフォリオを提出してください。(例:少なくともライティングの3作品以上を含む英語での学習の例、参加したSSSのイベント)
  3. 学習に使用した資料のリスト(例:Daily Grams 4/5, Reading Comprehension in Varied Subject Matter Books 1 and 2, Houghton Mifflin Spelling Workbook Gr. 4, Wordly Wise Book 1, and What Your 4th Grader Needs to Know)
  4. 学力テストのスコア(アイオワテストなど)
親が先生だった場合は、先生の推薦状はどうすれば良いですか?
過去2年間の間にお子様が学校に通われていた場合は、その時の先生に推薦状をお願いしてください。(推薦状は入学願書の書類の中に含まれています。日本語版もあります。)数年間ホームスクールだった場合は保護者の方自身で推薦状をご記入ください。
さらに詳しい質問がありますが誰に問い合わせをすればいいですか?
レジスタラー(電話:042-471-0022、メール:registrar@caj.ac.jp)またはスクールサポートサービスのディレクター(電話:042-471-3694、メール:sss@caj.ac.jp)にお問い合わせください。
Apply to CAJ